知ってますか?相続税のあれこれ

相続税を控除できる税額軽減って何?

相続税には基礎控除と呼ばれる一定額まで税金の支払いが免除される制度があります。平成27年1月の改正後は3000万円+600万円×相続人数で算出した金額が基礎控除です。 配偶者が相続する場合にも軽減され、法定相続分又は1億6000万円までの財産は課税されません。条件として婚姻関係にある事が挙げられ内縁関係では活用出来ない制度です。 また10年以内に2回以上相続があった場合に「相次(そうじ)相続控除」が受けられます。短期間に相次いで相続する場合に遺族の負担を軽減する目的で、1回目の相続税の一部を2回目の相続税から控除できる仕組みです。 相続人が未成年者の場合は「未成年者控除」が受けられ、相続税の一定額が差し引かれて納税負担が軽くなります。

生命保険の非課税枠を活用

生命保険は相続税の対象外で、節税対策としてポピュラーな方法です。 ではどの様に活用していけば良いでしょうか?生命保険の種類は「終身保険」で、保険金も一定額であるタイプを選びます。契約者と被保険者は故人である点が大事なポイントです。受取人は相続人であれば非課税枠を活用出来ます。非課税枠は500万×相続人数で、保険金の金額に関わらず少なくても500万が非課税です。 契約者も受取人も故人にすると所得税の対象になり注意します。受取人は相続人が望ましいですが、配偶者は「税額軽減」の対象で非課税枠を利用しなくても十分な対策をとれます。受取人は「子」とした方が配偶者とするよりも非課税枠を有効活用出来るメリットがあり、誰を受取人にするか迷ったら「子」にすると良いでしょう。