相続税について知っておくべきこと

相続税で話題になる基礎控除って何?

相続税の話題の中にあるキーワード「基礎控除」を上手く説明出来ない方が多数です。 基礎控除とはズバリ遺産の一定額分は相続税を支払わなくて良いと言う用語になります。では基礎控除の対象金額はいくらか知っていますか?平成27年1月1日改正後の基礎控除は3000万円+600万×相続人の数です。改正前よりも40%程度基礎控除額が縮小し、実質的な増税になります。 一戸建てやマンション等を所有し預貯金が2000万円程度の場合相続税を支払う可能性が高いので、相続税の支払いは金持ちだけの憂慮ではありません。基礎控除を超えた遺産分の税率は金額によって違いますが、1000万以下で10%ですから1000万円以下でも最大で100万円必要です。

相続税はいつまでに支払わないとダメ?

相続税は相続が発生してから10カ月の間に申告・納税を済ませないといけません。そこに故人の所得税や住民税の支払いも忘れずに手続きしないといけませんので、時間に追われる状況であると判ります。 相続税の支払いの流れは戸籍謄本を参考に相続人数を確定させ、遺産に漏れがないか集計し基礎控除額を算出して相続税の計算を行うのが基本です。注意点は預貯金は亡くなった知らせが金融機関に届くと口座を凍結されますので、払い戻しが容易ではありません。相続税の支払い用に手続き後1週間程度で保険金が下りる生命保険が役立ちます。生命保険金は更に非課税枠が設けられており、基礎控除とプラスして活用すれば節税対策効果が高まるメリットばかりです。